harg治療は年齢や脱毛の進行具合により効果の出方が異なる

harg治療は年齢や脱毛の進行具合により効果の出方が異なる

harg治療は年齢や脱毛の進行具合により効果の出方が異なります。

 

薄毛は、様々な原因により毛髪を作り出す組織である毛母細胞の働きが低下することで引き起こされます。そのため、効果が不十分なケースもありますが、成長因子の働きかけにより細胞を活性化させる治療法であるharg治療は、必要な細胞が残っていれば、薄毛が改善できるとされている発毛治療です。細胞の活性は、比較的若いほうが高いとされているため、若い人ほど効果が出始めるのが早い傾向があります。

 

治療は、注入方法や施術範囲によっても異なりますが、注入自体は約10分から20分程度です。施術前後の処置の時間を含めても目安は1時間程度とされています。頭皮へ直接薬剤を注入しますが、麻酔を使用して痛みを軽減させることが可能なクリニックもあります。通常は、3週間から4週間に1回の治療間隔で6回1クールとして治療を行うことになります。

 

実際に行う治療の回数には個人差がありますが、4回目の治療後である半年経過後あたりから発毛効果が実感できることがおおいです。ただし、薄毛の状態には個人差があるため、症状を確認した上で症状に応じた治療計画を立てることになります。治療当日からシャワーや入浴することが可能ですが、洗髪は治療から6時間程度はあけるようにし、シャンプーは軽めに行うようになっています。また、薬剤を注入することで、頭皮の血流が良くなることから、治療当日の飲酒は控えたほうが良いとされています。

 

個人差はありますが、3回から4回目の治療で発毛が確認されることが多いです。harg治療が終了した段階で、毛髪を作り出す毛母細胞が活性化された状態になっています。毛髪の毛周期も正常に機能しているため、寿命を終えた毛髪が抜けても新しい毛髪が生えてくるようになっています。

 

ただし、薄着になる原因は個人差があり、通常、加齢とともに自然と毛髪は薄くなってくるため、治療を行なっても緩やかに薄くなっていくと考えられています。男性に多いAGAの場合は、男性ホルモンが原因とされています。そのため、プロペシアを継続的に内服していない場合、再び毛髪が抜ける確率が高まります。

 

harg治療では、自分の髪の毛が生えてくることや発毛剤との併用が可能なこと、性別に関係なく利用できることなどメリットもあります。しかし、継続的に通院する必要があり、自由診療となるため高額な治療費が必要になります。