男女で違う薄毛の謎解明!男女の薄毛の2つの違い

男女で違う薄毛の謎解明!男女の薄毛の2つの違い

薄毛は男性も女性も同じ原因により起こり、同じような禿げ方をするものだと勘違いしている方が多いです。

 

しかし実際には男性の薄毛と女性の薄毛では原因も違えば、禿げ方にも違いがあるのです。
それでは男女の薄毛の違いを解明していきましょう。

 

そもそもの薄毛の原因が違う

 

男女では薄毛の原因が違います。

 

男性は主に遺伝か男性ホルモンの影響で薄毛になる場合が多いですね。

 

親から遺伝して薄毛になる確率は男性は非常に高いです。
また男性は男性ホルモンが多いせいで薄毛になっている人が大変多いのです。

 

毛根の細胞は男性ホルモンに弱く、特に男性ホルモンが多い男性は禿げやすいです。
しかしそんな男性に比べて女性はもともと男性ホルモンはさほど多くはありません。ですから女性は男性ホルモンに影響されにくいのです。

 

 

女性の薄毛の原因の多くが生活習慣であり、食生活の乱れや睡眠不足や過度な毛染め、それからストレスに影響されて薄毛になります。女性はさまざまな要因が重なることによって薄毛になるのです。それから女性は男性よりも薄毛になる時期が遅いという特徴がありますよね?これは女性ホルモンが影響しています。更年期の時期や閉経後などに突然薄毛が進行する理由は女性ホルモンが減ってしまったからです。女性ホルモンが減ると脱毛してしまって、薄毛が進行してしまうのです。この女性ホルモンの減少の影響で、女性は薄毛になってしまうのです。

 

 

禿げ方が違う

 

 

男性と女性では同じように薄毛になっても禿げ方にも違いがあります。

 

男性はM字型におでこの方から禿げあがって行く人や頭頂部からO型にどんどんハゲていくパターンが多いです。
結構なスピード禿げるので、薄毛の進行にはご用心ですね。おでこや頭頂部に異変があれば、気をつけた方がいいですよ。

 

 

それに比べて女性は全体的に薄くなっていき、髪の毛のボリュームがダウンしてしまったり、
もしくはつむじの辺りからじわじわと薄くなって行くパターンが多いのです。

 

 

男性と違ってゆっくりと薄毛が進んでいくため、途中で気づきにくいことも多いですね。
このように男性と女性では薄毛の進行の仕方にも違いがあります。これが男女の薄毛の二つ目の違いですね。

 

 

男女で違う薄毛を改善するときの注意点

 

 

このように薄毛の原因が男女ではまったく違うために、
男性は男性にあった治療を行い、女性は女性にあった治療の行いうことが薄毛治療では大切です。

 

原因や禿げ方が違うため、男性には男性の治療法や商品がありますし、女性には女性用の治療法や商品があるのです。
是非ともこのように違いがあることをしっかり理解して、夫婦や兄妹などで同じアイテムを使って薄毛対策をしないように気をつけましょう。

 

 

薄毛対策商品選びは重大です。これを選び損ねると、悪いときには髪の毛の状態が悪化して薄毛が進行する恐れがあります。

 

 

くれぐれも男性なのに女性用の商品を使ったり、女性なのに男性用の商品を使おうとするのはやめてくださいね。
それが原因で薄毛が進行する可能性もあるのですよ。