薄毛の原因として見落としてはいけないアルコール

薄毛の原因として見落としてはいけないアルコール

薄毛はさまざまなことが原因となって引き起こされる症状ですが、その原因の一つとして見落としてはいけないのがアルコールです。

 

お酒に含まれるアルコールは気分をリラックスさせて楽しい時間を演出してくれる存在ですが、しかし「酔う」という状態を治すため、お酒を飲んだ直後の肝臓は全力で働いて無毒化をしているのです。
肝臓が無毒化する有害物質はアセトアルデヒドと呼ばれている物質なのですが、このアセトアルデヒドの無毒化を行う機会が増えると成長ホルモンの分泌が大きく阻害されることになります。

 

よく成長ホルモンというと思春期の子供が成長するためのホルモンであってその他には大した影響を与えていないと誤解されるのですが、実際には発毛にも非常に密接に関わっていますから、お酒によって成長ホルモンの分泌が阻害されて薄毛が引き起こされる、悪化するということは十分考えられることなのです。

 

またこの無毒化の際には肝臓が亜鉛や各種のアミノ酸といった栄養素を消費することになり、これらの栄養素は発毛のために必要不可欠な存在です。
発毛のために積極的にこうした栄養素を摂取したとしても、アルコールを無毒化する過程で消費されてしまって髪の毛に行き渡らなくなるというのも注意が必要なポイントでしょう。

 

加えてこのアセトアルデヒドも、肝臓がすべてを一度に無毒化できるわけではありません。中には血液に乗って全身を循環してしまうものもあり、アセトアルデヒドが全身を循環するとジヒドロテストステロンと呼ばれる物質の生産が盛んになってしまいます。

 

このジヒドロテストステロンは薄毛を引きおこす最も警戒するべき存在であり、この量が増えてしまうというのはそのまま髪の毛が薄くなって生えづらくなるのにつながるのです。
さて、お酒が薄毛を引きおこすメカニズムとしてはこういったものがあるとして、ではどれくらいの量であれば問題がないのかというのは気になるポイントです。
しかしこのどれくらいの量ならば問題ないのかというのは、体質によってかなり大きな差があるために何とも言えない部分が大きいのです。

 

ただ量ではなく飲み方として言うのであれば、少なくとも毎日ふらふらするほど飲み続けるというのは避けるべきでしょう。

 

毎日肝臓が酷使されればそれだけ髪の毛には栄養がいかなくなってしまいますし、肝臓が働く機会が増えればジヒドロテストステロンも毎日大量に作られてしまいます。

 

また健康のことを考えてもアルコールは適量に留めなくてはなりませんから、飲むのであればほろ酔い程度にして一週間に1?2日ほど、休肝日としてお酒を飲まない日を作ることをおすすめします。